東京女子大学 専任教員 令和2年9月3日(木)必着

教員の公募について(依頼)

時下ますます御清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は本学の教育・運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度本学では、下記の要領で教員を公募いたします。
つきましては、貴学・貴機関関係諸方面へ御周知いただくとともに、適任者の推薦についてよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

【本学が求める教員像】

東京女子大学では、大学として、また現代教養学部として求める教員像を、以下のように定めています。

[大学として]

キリスト教精神に基づきリベラル・アーツを柱とする女子高等教育を推進していくため、本学の建学の精神、教育理念を理解し、専門知識と教育力、研究能力を有する人材。

[現代教養学部として]

1.学部の目的、人材養成の目的を達成させるために、教育研究活動に積極的に取り組む人材。
2.教育の質の向上に努め、積極的に教育に関わることができる人材。
3.専門教育のみならずリベラル・アーツ教育の柱である全学共通教育にも熱心に取り組み、全人的教育に取り組むことができる人材。

 

【募集要項】

1.職位・人員:特任教授、特任准教授または特任講師 1名

2.所属・専攻配置:共通教育、心理・コミュニケーション学科コミュニケーション専攻

3.専門分野:体育学、健康科学

4.任期:2021年4月1日~2024年3月31日

5.採用予定日:2021年4月1日

6.担当科目:

女性のウェルネス領域科目として、「女性のウェルネス・身体運動」、「発育と発達」、「フィジカルエクササイズC」(フィットネストレーニング)など。

7.応募資格:

(1) 教育上、研究上または実務上の特に優れた知識、能力および実績を有する方
(2) 博士の学位を有する方、またはそれと同等以上の学識経験のある方
(3) 本学の目的・使命を十分に理解し、その達成に誠実である方
(4) 本学の女性のウェルネス領域の教育に理解と関心があり、教育、研究に熱意をもって意欲的に取り組むことのできる方
(5) 運動・スポーツ等の実習・実技指導の経験豊かな方

8.選考方法:

(1)第1次選考 書類審査
(2)第2次選考 第1次選考合格者に対してのみ面接審査

実施日時等は、第1次選考合格者に、第1次選考結果と併せて通知します。
なお、面接等に係る旅費、宿泊費等は応募者の負担とします。

9.応募書類:

(1) 履歴書
(2) 研究業績一覧(論文については査読の有無を明記すること)
(3) 主要な著書、論文等の別刷り又は写し(5点以内 業績一覧中に○印を付すこと)
(4) 所見を求め得る方2名分の名前及び連絡先
(5) 教育業績(大学での教育実績、担当授業内容、運動・スポーツ指導歴)
(6) 着任後の大学における体育教育およびご自身の専門領域を生かした活動の抱負、ならびに今後の研究計画(A4、各1枚程度)

10.応募書類送付先:

〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1
東京女子大学 現代教養学部全学共通教育部長
小田 浩一 宛
(簡易書留とし、表に「教員応募書類在中(女性のウェルネス科目)」と朱書して下さい)

11.応募締切日:2020年9月3日(木)必着

12.その他:

(1)応募書類は、原則として返却いたしません。
(2)応募に際して提出された個人情報は、本学の個人情報保護規程に従って適切に処理し、人事選考以外の目的では使用しません。
(3)面接時の交通費等は、応募者の負担となります。
(4)審査結果は、選考終了後に通知します。
(5)業績および教育経験の評価が同等の場合には、女性研究者を優先します。
(6)問い合わせ先 女性のウェルネス領域科目責任者 平工志穂

hiraku※lab.twcu.ac.jp 必ず件名に「教員公募」と付して下さい。
※を@に読み替えてください。

以上

 

 

>>募集要項はこちら>>20200608_東京女子大学_教員公募