運動部指導に関する共同研究への参加大学を募集します

1.研究の趣旨

 本連合は、スポーツ指導における体罰・暴力をはじめとする人権侵害を根絶させ、 日本国民が普くスポーツ文化を享受することを目指しています。 文部科学省が示した「運動部活動での指導のガイドライン」(2013年)に準拠したチェックリストを作成し、 本連合のウェッブサイトで公開しています。 つきましては、このチェックリストを利用した2つの共同研究に参加する大学を募集します。

 いくつかの大学やマスコミの調査によりますと、体罰・暴力を受けた経験のある学生ほど体罰・暴力を容認する傾向があることが示されています。 大学運動部での人権侵害を根絶させるためにも学生の意識や実態を把握しておくことは必要ですし、 学生が将来、運動部などの指導者となることを考えると、学生時代からこの問題について正しく認識させておくことが重要です。 多くの会員の参加を期待します。

空白
2.研究期間

 研究1(質問紙調査)   平成25年9月1日から10月31日までの2ヶ月間。

 研究2(ワークショップ) 平成25年9月1日から11月30日までの3ヶ月間。

空白
3.募集要項等

 共同研究参加大学募集要項

 ワークショップ開催要項

 ワークショップ実施報告書

 運動部活動における体罰・暴力に関する調査票

   調査入力ファイル