第1回カレッジ・スポーツ・シンポジウム

弊連合と朝日新聞社が共同で行いましたアンケート調査のうち、運動部統括組織長調査の結果は5月8日付けで、学生競技連盟調査は8月8日付けで、同紙に掲載されました。これらの調査結果から、学生の自主性を尊重しつつ、「民主的で公明正大な組織運営」や「科学的・人道的コーチングや練習ができるような支援」、「運動部学生への学修支援やキャリア支援、リーダーシップ養成」に大学間で連携して取り組む必要があると思われました。
そこで、10月17日(土)にカレッジ・スポーツ・シンポジウムを開催し、これらの問題に対しての理解を深め協議したいと思います。つきましては、シンポジウムへご参加いただきたくお願いする次第です。そして、加盟大学学長による共同宣言の是非についてもご意見をいただきたいと思います。詳しくはこちらをご覧ください。
なお、弊連合加盟大学学長宛てに同様のご案内を郵送しています。各大学1名(学長もしくは代理の方)は参加費を徴収しませんので、あらかじめご承知おきください。

 

第1回 カレッジ・スポーツ・シンポジウム

日時:2015年10月17日(土)13:00~17:30

会場:日本大学文理学部百周年記念館(東京都世田谷区桜上水3-25-40)
_  ※会場に駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

主催:公益社団法人 全国大学体育連合

後援:朝日新聞社

参加費:会員 2,000円、非会員 4,000円、学連関係者 3,000円

参加申込先:西垣景太(中部大学)nishigaki@isc.chubu.ac.jp
_     参加される方のご所属、会員種別(会員・非会員・学連)、職名、氏名をお知らせください。

参加申込期限:9月30日(水)(これ以降ですと配布資料の用意が出来ません。)

プログラム:

開会挨拶 安西祐一郎会長

第1部 大学によるスポーツ振興と運動部学生支援
NCAAと全米大学体育局長協会の取り組み(伊東 克・帝京大学)
韓国・大学スポーツ学長協議会の取り組み(閔 允淑・筑波大学大学院)
山梨学院大学の取り組み(長倉富貴・山梨学院大学)
実態調査報告(北 徹朗・武蔵野美術大学)
取材から(中小路徹・朝日新聞社)

第2部 学生競技連盟による運動部学生支援
実態調査報告(伊東 克・帝京大学)
取材から(中小路徹・朝日新聞社)
東都大学野球連盟の取り組み(白鳥正志・事務局長)
関東学生ゴルフ連盟の取り組み(阿部靖彦・専務理事)
全日本大学準硬式野球連盟( 芳田茂樹・技術委員長) ほか

 

>>チラシはこちら>>第1回カレッジ・スポーツ・シンポジウム_チラシ(第2版)

>>第1回抄録集はこちら>>第1回抄録集