公益社団法人全国大学体育連合 公印規程

(目 的)
第1条 この規程は、公益社団法人全国大学体育連合(以下「この法人」という。)の公印の形式、管守及び使用その他
_   公印の管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(公印の種類及び形式)
第2条 公印の種類及び形式は、次の通りとする。

(1) 専務理事印(丸型)
(2) 法人印(正方形)

(公印の保管と管理)
第3条 公印の保管は、公印箱に納めて施錠の出来る堅固な場所に保管し、その取扱いは、常に慎重に行い盗難又は
_   不正使用のないように厳重な管理を行わなければならない。
_ 2 公印の保管・管理に関する責任者は、専務理事とする。
_ 3 管理責任者は予め代理者を定め、公印の保管を代行させることができる。
_ 4 公印は所定の場所以外に持ち出してはならない。但し、管理責任者が必要と認めた場合は、この限りでない。

(公印の押印責任者)
第4条 公印の押印責任者は原則として総務部長とする。

(公印の新調等)
第5条 公印は、次に掲げる理由によらなければ、新調、改刻又は廃止することはできない。

(1) この法人の定款又は規程等の制定又は改廃があり、公印を新調、改刻又は廃止する必要が生じたとき。
(2) 公印を紛失又は盗難にあったとき。
(3) 公印が偽造又は不正に使用されたと認められたとき。
(4) 公印の印面等が摩滅又はき損しているとき。

(公印の使用等)
第6条 公印を使用する文書があるときは、押印責任者に押印する文書を提出し、押印を求めなければならない。
_ 2 前項にかかわらず、押印責任者の許可を受けたときは、その許可を受けた者は定められた場所で押印することが
_   できる。
_ 3 公印は原則として、この法人の事務所において使用する。ただし、事務所外で特に使用する必要が発生した場合
_   は、管理責任者の決裁を得て使用する。

(公印の印影の印刷)
第7条 公文書で多数印刷するものにあっては、専務理事が支障ないと認めたときは、その公印の印影を当該文書に
_   印刷して公印の押印に代えることができる。
_ 2 前項により公印の印影を印刷した文書は、その使用状況を常に明らかにしておかなければならない。
_ 3 定例的かつ定型的で一時に多数印刷する文章等のうち、公印を押印すべきものについては、予め公印押印
_   責任者の承認を受け、公印の印影を印刷して公印に代えることが出来る。

(公印押印簿)
第8条 事務所に、公印押印簿を備える。
_ 2 公印を使用するときは、公印押印簿に使用日、件名、回議番号、枚数、公印の種類及び押印者名を記入すると
_   ともに、当該文書の写しを保存する。

(改廃)
第9条 この規程の改廃は、理事会の承認を受けなければならない。

 

附則
この規程は、平成24年3月13日から施行する。