体育系学術団体からの提言 2010

21世紀の高等教育と保健体育・スポーツ
―活気と親しみにあふれるキャンパスと社会を構築するために―

日本学術会議からの提言「21世紀の教養と教養教育」など(資料1)にも示されたように、保健体育の充実に努め、豊かな人間性をそなえた学生を育成することは大学の責務の一つである。科学的研究成果にもとづき、学生の心身の健康の維持増進と人間的成長の支援に努めてきた体育・スポーツ・健康に関わる下記の学術団体は、以下の4つの事項を全国の高等教育機関に要請する。

平成22 年 6 月30 日
㈳全国大学体育連合会長 奥島孝康
㈳日本体育学会会長 福永哲夫
㈳日本女子体育連盟理事長 村田芳子
日本体力医学会理事長 吉岡利忠
全国体育系大学学長・学部長会会長 高橋和之
日本教育大学協会保健体育・保健研究部門代表 渡辺雅之

▼続きは資料ダウンロードから
>>体育系学術団体からの提言 2010
>>資料編