国際スポーツ科学・体育協議会

The International Council of Sport Science and Physical Education (ICSSPE )
Hanns-Braun-Strasse Friesenhaus II, 14053 Berlin, Germany
Tel:+ 49-30-36418850 Fax:+ 49-30-8056386
URL:http://www.icsspe.org

 

歴史

国際スポーツ科学・体育協議会(ICSSPE)の前身である国際スポーツ・体育協議会は、スポーツの現場やスポーツ科学と体育との間の大きな溝を包括的な見地によって埋めたいとの思いから1958年パリで発足され、1982年にスポーツ科学を加えた現在の名称となった。
現在では以下の日本の加盟団体を含め世界各国の約300に上る団体や協会が加盟している。
( 神戸大学 発達科学部、スポーツに関わる女性を支援する会、同志社大学 スポーツ健康科学部、 全国大学体育連合、日本スポーツ教育学会、日本体育学会 )

目的

協議会の主たる目的は、得られた成果や発見によるスポーツ科学の振興、また、それらの実用化による文化的・教育的分野への普及など、国際的な“包括的”団体として貢献することである。

組織

2年毎に行われる総会を最高機関とし、執行委員会、執行事務局、編集委員会、部長会、関連委員会などで構成される。

パートナー

United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization (UNESCO)には発足以来登録しており、公式な提携関係を築いている。また、International Olympic Committee (IOC)に承認された組織であり、今後更に両者は共に密接な活動を行っていく認識である。
また、身体活動や健康増進に関してもWorld Health Organization (WHO)と協力する等、組織間での協力活動にも取り組んでいる。

出版等主な活動

世界中の加盟団体からのお知らせや学会・イベントの開催情報を記載した“ニュース”がweb上で毎月更新されている。
また、ICSSPE Bulletin on-lineを年に3回web上で更新しているが、閲覧には毎年発行されるパスワードが必要となる。
パスワードは大体連会員のみにお知らせしますので、事務局にお問い合わせください。