【九州】平成27年度 夏期研修会(大学体育におけるコーチングとティーチング)

「何を教えるか」より「何ができるようになるか」という学修成果を重視していく方針が掲げられている現在、大学体育で行われている、スポーツ・運動教材を使用しつつ、「技術の獲得を目的とした授業(コーチング)」と「社会的スキル獲得等を含む総合的内容を目的とした授業(ティーチング)」を比較しながら、大学体育が目指す方向を検討します。

■研修会名
「平成27年度 (公社)全国大学体育連合九州支部 夏期研修会」(九州体育・スポーツ学会第64回大会合同企画)

■研修テーマ
『大学体育におけるコーチングとティーチング―バスケットボールを教材にして―』

■講師
八板昭仁(九州共立大学)「スキル教育の立場から」
柿山哲治(福岡大学)「教科教育の立場から」

■開催期日
平成27年9月11日(金)13:00~14:50

■開催場所
西九州大学佐賀キャンパス体育館
URL:http://webpages.ihs.kyushu-u.ac.jp/ktsm/

■主催・共催
主催 「公益社団法人 全国大学体育連合 九州支部」
主管 「西九州大学」(九州体育・スポーツ学会第64回大会事務局)
共催 「公益社団法人 全国大学体育連合」

■研修対象者
全国大学体育連合会員、大学院生、大学等で体育授業を担当される方

■募集人数
特に制限しない

■参加・申し込み・宿泊(前後泊)および交通に関する問い合わせ先
上記、九州体育・スポーツ学会HP参照

■問い合わせ先
九州大学 全国大学体育連合 九州支部長 斉藤篤司宛
〒816-8580 福岡県春日市春日公園6−1 九州大学人間環境学研究院
健康・スポーツ科学講座
電話 092−583−7854  FAX 同電話
E-mail : saito@ihs.kyushu-u.ac.jp

■備考
当日15:00〜17:00には九州体育・スポーツ学会第64回大会プログラム(ラウンドテーブル・ディスカッション)として、「大学体育における教科内容と成果」が行われ、大学体育の学士課程教育の後半(高学年から卒業時)、授業後の持続性、学部教育への関連などについて話題提供し、大学体育の教科内容(大学体育は何を教える教科なのか)が討論される予定である。また、これらの内容は平成28年3月に行われる、九州支部春期研修会へと繋がっている。

>>開催要項はこちら>>H27九州支部_夏季研修会要項