【共催】慶應義塾大学体育研究所・(公社)全国大学体育連合関東支部共催シンポジウム

この度、体育研究所では公益社団法人全国大学体育連合関東支部と共催で下記の通り、シンポジウムを行うこととなりました。

【題目】ルーブリックの活用から体育実技の目的と評価を考える

【日時】2022年12月10日(土) 15:00~17:00

【形式】慶應義塾大学日吉キャンパス スポーツ棟、およびZoomを併用したハイブリット開催

【シンポジウムの趣旨】
 コロナ禍を迎え、社会および大学には多くの変化が生じ、大学体育の現場も幾多の困難を経験した。そうした中、昨年度(2021 年度)は「オンライン(遠隔)体育実技における成績評価を考える」というテーマで、成績評価方法の実態調査を基に議論をした。そして、以下の課題が見えた。

1.大学体育における「アセスメントポリシー」としての「評価の厳格化」という点から組織的取り組み・教員の裁量・観点の比率の公開などに課題がある
2.オンライン授業における体育実技の目的と評価の関係について議論することが重要である

 これらの課題を基軸として、本年度も引き続き議論の場を持ちたいと考える。 体育実技授業における目的と成績評価の視点から、「形成的評価」としてルーブリックやポートフォリオの活用が、例えば、中等教育の現場では重要視されている。そこで、本年度は「体育実技の評価におけるルーブリック」の活用を鍵として、ポストコロナを見据えた大学教養体育の使命・役割(目的)とその評価の在り方について議論を進めてみたい。 しかしながら、大学体育、特に実技におけるルーブリック評価については、認知度・活用実績・検討事例などの点で情報が十分ではないのが現状である。我々は全国大学体育連合関東支部においてルーブリックの活用事例についてアンケート調査を行った。大学体育実技におけるルーブリックの活用例は少なく、今後の取り組みついても積極的な意見と消極的な意見、難しさを指摘する意見など様々であった。体育実技の形成的評価としてルーブリックをどう捉えるか?この議論は重要であると考える。そして、その議論を深めつつ、大学において評価の厳格化を進めるプロセスと大学体育の目的や学修成果の関係性について考え、さらには、ポストコロナの時代の大学体育の意義や責務を探っていきたいと考える。

【シンポジストならびにタイトル】

 ■東原綾子(慶應義塾大学体育研究所)
  「大学体育実技授業におけるルーブリック活用に関する調査報告」

 ■長谷川望(東京家政大学家政学部)
  「体育実技におけるルーブリック案の作成と試行 ~現状と課題~」

 ■前鼻啓史(目白大学心理学部)
  「ルーブリックの運用にみたロードマップ」

 ■佐藤 豊(桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部)
  「大学体育実技におけるルーブリックの活用とアセスメントのあり方」

【コーディネーター】
 ■村山光義(慶應義塾大学体育研究所)

申込みなど詳しくは、こちらのページをご覧ください。
2022年12月10日
慶應義塾大学体育研究所・全国大学体育連合関東支部
慶應義塾大学日吉キャンパス スポーツ棟、およびZoomを併用したハイブリット開催
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
【問い合わせ】
慶應義塾大学体育研究所
担当:東原綾子
Tel:045-566-1068(代表)
E-mail:higashihara@keio.jp

 

会員情報閲覧のためのご登録(未登録の方)

会員専用情報の閲覧は、会員様(大学会員・個人会員・賛助会員)限定となります。
※初めてご利用される場合はご登録が必要となります。
※入会案内はこちらをご覧ください。

登録申請