ID200326123351
公益社団法人 全国大学体育連合
daitairenhp
大学体育スポーツ学研究_第17号.pdf
全国大学体育連合
編集委員長:木内敦詞(筑波大学) 
編集副委員長:西田順一(近畿大学),難波秀行(日本大学) 
幹事:園部豊(帝京平成大学) 
委員:小林雄志(岡山大学),笹井浩行(東京大学),佐藤和(千葉工業大学),鈴木久雄(岡山大学),田原亮二(西南学院大学),中田征克(防衛大学校) 
委員:中山正剛(別府大学短期大学部),西垣景太(東海大学),西原康行(新潟医療福祉大学),平工志穂(東京女子大学) 
大学体育スポーツ学研究 第17号(2020年3月発行)
2020年3月発行の大学体育スポーツ学研究の最新号です。
2004年創刊の「大学体育学」を本号より「大学体育スポーツ学研究」へと誌名変更しました。

下記リンクよりそれぞれのページが閲覧頂けます。

   ≪大学体育スポーツ学研究 第17号 目次

【原著論文】
重藤誠市郎,山崎享子,John Patrick Sheahan,奥田功夫,長谷川望, 一川大輔 P3-11
主体的にスポーツ実技を選択履修する大学生の運動セルフ・エフィカシーとレジリエンスの特徴
―スポーツ実技履修者と健康スポーツ心理学履修者の心理的変容からの検討―


中須賀巧,木内敦詞,西田順一,橋本公雄 P12-22
大学体育授業における動機づけ雰囲気と主観的恩恵評価の関係
:受講種目と性別の違いに着目して


【研究ノート】
丸尾祐矢,佐々木大志,志賀 充,櫻田淳也 P23-28
体育学部大学生の走高跳経験の違いによる授業ノート記述量と
受講者の主観的な受講態度,技能上達度の関係


坂手誠治,笹田周作 P29-37
女子大学における民間フィットネスクラブと連携した体育授業

奈良隆章 ,木内敦詞 P38-47
自己開示によるライフスキル向上を意図した大学体育授業の設計

水﨑佑毅,古瀬裕次郎,秀泰二郎,川畑和也,森本百合香,朝野新菜,檜垣靖樹,田中守 P48-57
スポーツ活動を中心とした大学の正課外教育プログラムの登録者と
非登録者の基本特性および登録を意思決定する要因の検討


松尾博一,松元 剛 P58-69
米国の大学におけるスポーツアドミニストレーターとしての
アスレチックディレクターの機能


永野杏奈,伊藤央二 P70-78
大学弓道選手の心理的スキルと日本的スポーツ価値志向に関する研究

森健一,上向貫志,田中愛,高丸功,小野太佳司 P79-85
スキー実習における主観的および客観的疲労度の変化

王旭,張琬婧,蛭田秀一,島岡みどり P86-92
大学新入生における運動不足感と体力および運動習慣の関連

フォーラム報告

「大学体育スポーツ学研究(16号)」優秀論文賞選考経過および講評

投稿規定/あとがき
刊行物
一般
2020年3月15日
2020年3月15日

 

会員情報閲覧のためのご登録(未登録の方)

会員専用情報の閲覧は、会員様(大学会員・個人会員・賛助会員)限定となります。
※初めてご利用される場合はご登録が必要となります。

登録申請